領収書・請求書との格闘

私自身も確定申告(青色申告)をしていますので、毎年、伝票と
の格闘でしょうか。
領収書や受取請求書などの書類は、すぐにたまっていきます。
後でまとめてやろうと考えた瞬間、書類は分類されることなく山
になって集合しているものです。
山をみると、さらに高い山になる、という諺でもできるかのよう
です。

昨年から私は、空いた時間を利用して領収書や受取請求書を電子
保管しています。
Amazonなどのネット購入による領収書は、フォルダを作成して
請求書データで保管し、管理してます。
請求書の発行には、今年から弥生会計のMisocaを利用して電子化
しています。

他方、仕事で使用する文具やちょっとした備品などを購入するた
びに紙の領収書が増えます。
この点は、やよい青色申告オンライン版のスキャンデータ取込を
利用して電子保存しています。
このシステムのよいところは、スマホ用の専用アプリがあり、ス
マホのカメラを使って領収書などをやよい青色申告オンライン版
の専用ストレージへ簡単に保存できるところです。
しかも、やよい青色申告オンライン版では検索機能がありますの
で検索も楽にできます。

私でさへ使えるのですから、若いひとなら、さらに容易に利用で
きるでしょう。
このようにあらゆる会計ソフトが電子保存に対応してきています
ので、この機会をとらえてはやめに記帳を進め、1月、2月には、
余裕をもって確定申告に臨むことができます。

令和3年度の確定申告は、十分時間をとって仕訳誤りの訂正や個人
事業主にだけある家事按分(生活費を経費にする)の作業に充て
ることができました。
時間的な余裕がないと、家事按分に対する細かな内容把握はなか
なかむずかしいものがあります。

電子帳簿保存は、このような体制づくりには、大きなチャンスに
なると思われます。
また、このようなことができるかどうかで、次のステージの展開
も変わってくるのではないでしょうか。

関連記事一覧

PAGE TOP