バランス感覚がよい経営者

私の仕事のなかでバランスがよい経営(法人)をされている経営
者さんがいます。
まず、きちんと整理された領収書、請求書などが届くことです。
これができない企業と個人事業主さんは結構いるのです。
これなら経営者さんがご自分で記帳できるのではないか、と思っ
てしまうくらいですから、私が試算表を送付する以前に売上、経
費、利益の大枠を掴んでおられるはずです。
さらに、ITに詳しく、いろいろなやり取りはネットを通してデジ
タル化して対応ができます。

おそらく、この経営者の方は、会計専用ソフトを学べば、すぐに
経理処理がご自分でできるでしょう。
このようなタイプの経営者さんは経営数字にもバランス感覚のよ
さが現れます。
最初にみた交際費について、私は少し多いのではないか、と考え
ておりましたが、通期でみると売上に対して一定の割合になって
おり、よく考えて使っておられることがわかりました。
売上、経費、利益のバランスがよく、いうまでもなく税金もしっ
かりと納付しておれます。
もちろん、無借金経営です。

私が仕訳などでミスをして電話を入れても、実にさっぱりとした
対応をしていただくので、こちらが恐縮するほどです。
私自身が、この方の経営を見習いたいと思うくらいです。

現在、一人で仕事しておらる関係で受注額によっては、外注さん
を入れて仕事を回しています。
これからさらに受注額を上げていくか、現状維持で経営していく
かの分岐点に差し掛かっているように感じます。

社員を雇用して、経営を次のステージへ上げていくかどうか、コ
ロナ化の今はむずかしい判断になるのでしょうが、この方の理に
かなった経営はいずれ社員雇用のステージにいくような気がしま
す。

社員を雇用すると一人で経営してた時代と異なり、それなりに経
営に変化がでてきますから、ステージが変わる経営のかじ取り、
いわば経営判断と実行力が、改めて試されことになります。

私は、経営にはステージごとのバランス感覚が強く求められるの
ではないか、と考えています。
この点を踏まえて、ステージごとに慎重に事業展開を進めていく
ことが必要なのかもわかりません。

しかし、経営者になる人たちは、案外、このようなステージの転
換をあっという間にやってしまいます。
だからこそ、私とは違い真の経営者になっていかれるのだ、と思
います。

関連記事一覧

PAGE TOP