自分の確信が病気を完治させる

私は、2019年突然、脊柱管狭窄症を患いました。
最初、左足にしびれがきて座骨神経痛か、と考えていました
が、痛みが引かないので近所の内科で薬を処方してもらうと、
すぐに痛みも消えて安心していました。

それから三か月くらい経てからでしょうか、歩行できないく
らいの痛みに襲われ、すぐに近くにある神経内科でMRIを撮
ってもらいましたが、画像から問題ないということでした。
やはり薬を服用し様子をみていましたが、段々症状が悪化し
、歩行がままならい状態となりました。

さすがに私も病気の状態が悪くなるので専門的な書籍を2冊
ほど購入してこの病気の内容把握に努めました。
私の症状は、結構悪くなっているので専門医にみてもらう必
要があるとわかりました。

そこから専門医を探すことになりましたが、遠方までいって
治療するのは私の性格に合いませんので、近くにある日赤と
大学病院の医者の経歴を調べて2名の候補を選びました。

結果は、自宅近い日赤の専門医を訪ねましたが、自分で想像
していたタイプの方でした。
結論がはやい。
神経根ブロック注射をしましょう、とあっさりしたものです。
それでダメなら手術もできるからと。。。

ブロック注射もその週におこないました。
私の想像どおり、無駄口がなく、判断がはやく、技術が優れ
ている医者でした。
そういえば、この方も「言霊」がありました。
おかげでブロック注射後、すぐに普通の生活に戻れました。

自分の体。
どの医者を選ぶか、その医者を信頼してブロック注射を任せ
ることができるかどうかは、常に自分自身の側にあると考え
ています。
だからこそ、徹底的に調べます。

後は、自分の中にある確信です。

関連記事一覧

PAGE TOP