現金があるようでない?

「現金があるようでない」とは、なんだかなぞなぞのような話で
す。
企業によっては、期末の現金残高が多い場合があります。
もっとも、現金が金庫等に保管されていれば問題ありません。
問題なのは、帳簿上に多額の現金残高があるのに、実際はないと
いう場合です。

大手企業では考えられないことですが、中小企業ではしばしばあ
るようです。
大体、大手企業では、部門などの営業規模(社員数)などで小口
現金の残高を決めて管理しています。
また、毎月抜き打ちで現金残高をチェックしますので、小口現金
を担当している人は結構大変です。
基本は、毎日現金残高を合わせておくことに尽きます。

中小企業では、まず小口現金という概念がない場合がおおそうで
すが、理由は、経営者が現金を扱うことが多く管理していないと
いうことのようです。
このような場合、期末で現金が合わない、というよりは合わせる
意識がない。
経営自身も現金を自分のお金だ、と考えているようです。

いろいろ読んでみますと、このような経営者のもとに税務調査が
入ると、これまた大変そうです。
領収書がない、契約書がない、経営者本人への貸付金になってい
ないなどありますが、場合によっては、経営者の賞与となるケー
スがあるようです。

いずれにしても小口現金管理ができないのであれば、毎月の現金
残高くらいは合わせておきたいものです。
一度、痛い目にあわれた経営者は、その後、しっかりと管理され
ているようですが。。。

大企業と中小企業の経理の違いには、現金残高に限らず、しばし
ば驚かされます。

関連記事一覧

PAGE TOP