事業の成長とはかくあるべし

梅一輪は、私が日本酒を飲むようになったきっかけを作ってくれ
た酒蔵がです。
2011年暮れのある日、仕事で訪れたこの地で偶然出会った蔵元
でした。
出会ったついでに梅一輪の古酒を購入して帰宅しました。
翌年のお正月に燗して飲んでみたところとても飲み心地がよく、
これが日本酒なのか、と思ってしまいました。

後で理解したことですが、私が知る遠い昔の日本酒と違い純米酒
として醸造されたものでした。
さらに、日本酒の勉強をしていく機会をもらった日本酒です。

酒好きか、といえば、そうではないでしょう。
妻といっしょに飲んで、ちょうど一合弱が自分にあっている量で
しょうか。
食中酒として飲むだけですから、ゆっくりと食事ができることが
一番です。
お酒は、この余分な時間(ゆっくり)を人間につくってくれる友
といったところです。

会話が、弾む。。。

2012年以降、多くの蔵の日本酒を飲んできましたが、この蔵の
お酒は地元ということで、やはり親しみがわいてきます。
近頃、また、梅一輪の純米酒で晩酌することが多くなりました。

久しぶりにホームページをみると、あのダサい梅一輪が大変化を
遂げていました。
蔵見学も受け付けず、まじめにこつこつと酒造りをやってこられ
た結果なのでしょう。
この地から全国、あるいは世界に羽ばたいていくのかもわかりま
せん。
呑兵衛(一合程度では、のんべいに怒られそうですが)としては、
大変うれしく思います。

おしゃれなホームページを制作しても中身がなければ、ただの箱。
要は中身です。
梅一輪は、実直な酒造りが、蔵元が減少する中で、結実している
からこそ新たなホームページを立ち上げることができたのだ、と
考えています。

成長とは、かくあるべし、だと私は信じています。

関連記事一覧

PAGE TOP