よい指導者と出会うと確信が生まれる

昨年、私は五十肩になって相当な痛みに耐えていました。
特定の位置に腕があがると強烈な痛みが走り、これはこのままで
は大事になると考え整形外科を訪ねました。
もっとも、動機は不純なもので新規にできた整形外科でWEB予
約ができるし、多分、まだ患者が少ないというものでしたが。。。

近隣にある整形外科はいつも超満員で、私は混んでいるところが
苦手なので新規開業したところにしようというものでした。
人生、どこで運が好転するかわかりません。

この整形外科のリハビリ担当の先生の指導が、私には非常に納得
がいくものでした。
この先生も無駄口がなく、判断がはやく、技量は相当なものでし
た。
大学病院から月1回患者をみるためにくる肩の専門医が、腕がい
いですね、というくらいですから。。。
薬や注射もなく、リハビリだけで完治です。

私は、よい指導者と出会ったときは、素直に指導に従います。
それが、一番よい方法だと、信じるからです。
専門分野では、素人が自分の判断でおこなうことは、危険だと考
えており、必ず専門家の意見を聞きます。

このような指導者に出会うと、自分の中に確信が生まれます。
だからこそ、地道にリハビリをすることができます。
半年かかりましたが完治しました。

当然、教えていただいたトレーニングは、今でも毎日かかさずお
こなっています。
指導者との信頼関係と自分の中の確信があれば、指導者がいなく
とも、自らすすんで継続するこができます。

よき指導者との出会いがあれば、素直に従ってみることです。
しかし、指導者とて完全な人間ではありません。
その人の欠点をどこまで許容できるかは、自分次第です。
私も欠点だらけですから。。。

関連記事一覧

PAGE TOP