いろいろな課題がよりみえるとき

今、コロナ感染症の影響を受けていろいろな課題がみえてきた時代
ではないでしょうか。
持続化給付金の不正利用が大きくメディアで報道されていますが、
むしろコロナ感染症による社会生活の課題に対してどのように向き
合うか、が問われているように感じています。

なにもコロナだけではありません。
コンピュータウィルスによる経済活動への挑戦など、いたるところ
に課題は存在します。

もちろん、個人においても常に課題があります。
個別の課題解決は、自ら考えながら、社会インフラを利用させても
らえる場合は、それらを利用し、なければ自分で解決するしかあり
ません。

コロナ化の今は、社会生活インフラにおける課題を優先的に解決し
ていくチャンスでしょうか。
デジタル化へ移行することは、当然の帰結ですが、それでもなお次
の課題は生まれてくるものです。
その社会生活の課題に優先順位をつけていくのが政治でしょうか。

また、自分自身で課題のためツールを先取りをしておくことが必要
になります。
私はデジタルが大好きなタイプの人間です。
理由は、手書きなどのアナログでは物事にうまく対応できない人間
だからです。
私のようなタイプは、デジタルに移行することに躊躇はありません。
いわゆる、めんどくさがり屋です。

他方、私はリスクに対して敏感ですから、ウィルスソフトなどへの
投資を怠りません。
経費と考える人は、問題が発生した状況がない人でしょうか、投資
と考える人は、問題が発生した状況をイメージしている人かもわか
りません。

課題がみえている時代だからこそ、いろいろな選択肢のどれを選択
するかは、常に自分の責任ではないでしょうか。

PAGE TOP