事業主貸と事業主借(2/2)

事業主貸科目は、経費になりませんが、事業主借科目は、事業主個
人のお金を仕事のためのに出費したときなので経費となります。
この科目は頻繁に使用します。
仕事をすれば、いろいろな経費が発生しますから、当然のようにお
金が必要なります。
個人の場合は、個人用と仕事用のお金がいっしょになっており、個
人のお金から備品や文具などを購入すれば、消耗品科目をつかいま
すが、相手科目は事業主借となります。

あるいは、事業に必要な資金を生活費から事業用口座に振り込んだ
とき、さらに個人用のクレジットカードで事業用の事務用品を購入
したとき、さらに事業用の預金口座に利息が付いたときなどがあり
ます。

私のように事業用口座をもたない場合、この科目を頻繁に使用する
ことになります。
法人の経理から仕訳業務を覚えてきた私のような人間には、理解す
ることがむずかしい科目かもわかりません。
やよい青色申告のような会計ソフトがなく、帳簿に記帳するスタイ
ルなら、相当苦戦するところでしょうか。
会計ソフトのおかげで仕事をさせていただいているようなものです。

仕事で個人事業主さんの記帳代行をする予定はなかったのですが、
実際に記帳をおこなってみると個人事業主さんの仕事における力強
さに驚いています。
その意味では、私にとって記帳以上に勉強ができています。

関連記事一覧

PAGE TOP