役所からの電話はちょっと油断する

電話を使った詐欺はメディアなどでしばしば報道されますが、私
のところでも、この4月、役所を名乗った電話が3回ほどありま
した。
役所からだと、私のような無礼者でもいきなり電話を切ったりし
ません。
そこが悪い連中のしたたかなところでしょうか。
しかも、実際にありそうな内容なのです。

これには私も振り回されました。
それでも、話をよく聞いていると携帯の電話番号を教えてくださ
いなど、私はなにかひっかかるものがあるので、教えられません、
と答えておきました。
また、そちらに電話しますので電話番号を教えてください、とい
うと、たちまち電話が切れました。

折り返し電話します、という手順は会社勤めをしていたときに学
んでいたことです。
企業というところも、悪い連中の標的になるらしく、あらゆる電
話があります。
また、いかがわしい連中が直接訪問してきます。
こういった連中を排除するために警察や弁護士などと連携を取り
ながら対応していきます。

役所に弱い日本人、私も同じですが、つい話を聞いてしまいます。
そこが悪い連中のねらい目なのでしょう。
警察署や市役所などを語った怪しい相手先には、折り返し電話す
るのでと言えば、たいてい化けの皮がはがれます。
それでも、さらに2回電話してきますから、悪い連中も根性が座
っています。

このような連中には、こちらも相応の備えをして対応しなければ
なりません。
ネット空間だけでなく、現実社会もやっかいなことが多くなり、
暮らしにくいと思うのは私だけでしょうか。

PAGE TOP