横領事件の根底にあるもの

私が会社勤めをしていたとき、ある企業で業務上横領事件がありまし
た。
簡単に言えば、部長クラスの人間が、部品(半導体)を横流ししてい
ました。
総額でいけば、1億円を超えていたと思います。
横領したお金は、女性や競馬などに使っていたようです。

担当者だった私は、原価管理システムのデータを調べること、1年く
らいかかったでしょうか。
あることに気づきました。
同じ製造番号が何度も使われていることです。
ソニー時代も原価管理をしていましたが、一度製造が終了すれば同じ
製番がでてくること自体ありません。
製番は、一度しか使われませんし製造が終了すれば、システムにロッ
クがかかり同じ製造番号を入力することができません。

問題は、このように何度も同じ製番を入力できるシステムを放置して
おいたこと、また、製番管理を経理部門がきちんとやっていればすぐ
に発見できる事例でした。
さらに実地棚卸をすれば、すぐにわかります。
その点も甘いのです。
当事者、横領している部長が棚卸をしていました。
開いた口がふさがりませんとは、このことです。

このように経営管理が甘いと簡単に横領などがおこなわれてしまいま
す。

仕事というのは、原点があります。

なぜ、実地棚卸をするのか。
なぜ、システムをロックするのか。
なぜ、内部けん制が必要なのか。
なぜ、内部監査は必要か。

仕事の基本を忘れている企業に未来はありません。
仕事の基本がない人間たちが日々仕事をしている企業では、けっして
悪い人たちではありませんが、その人たちの存在が企業の中に悪い人
間を生む土壌を作るということです。

当然ですが、その企業は消滅しました。

関連記事一覧

PAGE TOP