大手企業の不正が続く時代か?

1990年以降、日本経済の衰退に伴い大手企業でも不正が多くなった
ように感じるのは、私だけでしょうか。
もちろん、内部通報者やマスコミなどの努力で企業の不祥事が発見さ
れることが多くなったことも、大きな理由でしょう。
それにしても。。。

やはり経済環境がよくない中で利益を出すために極限までコスト削減
に向かうと、現場担当者は追い込まれて検査の不正をおこなってまで
販売を優先してしまうのでしょう。
一昨日、報道されたおとり広告もそうです。
どちらも、これまた経営管理不在といえます。

上場企業の経営者の在任期間平均は、どのくらいなのでしょうか。
私は、けっこう長く会長やCEOをやっている方を見ますが、その企
業内部をみていると覇気がなく、改革的なことはやりません。
上層部の人間ほどときが過ぎるのまっているだけです。
詳しく書けませんが、そしてある日、重要部署の部長になっていまし
た。
企業イメージと企業内部の乖離、特に正社員の覇気のなさは深刻です。

どうもこの国の企業は、会長、CEO当たりが長く居座っているため
にガバナンスが効いていない、あるいは経営が停滞しているのではな
いか、と推測される企業もあるように思えます。
また、オーナー企業もガバナンスが効きにくいのですが、サラーリマ
ン会長やCEOもかなり問題がある、と感じています。

残念ですが、まだ当分の間、経営が停滞する企業もあるでしょうし、
不正も続いていく、と考えています。

関連記事一覧

PAGE TOP