なぜ、ストレスに弱い私がソニーでうまくやれたのか

昨日書いたように、私は組織のストレスに弱いタイプです。
では、そんなストレスに弱い私がソニーでは、なぜ、うまくやれ
たのでしょうか。

理由は、いくつかあります。
私にとって一番の理由は、適法経営でしょうか。
違法なことをやるような経営者や管理職がいないということです。
もっとも、人間は完全ではありませんから、非常に少ないという
ことです。
このことの前提には、業務監査(抜き打ち)、会計監査(抜き打
ち)といった内部監査制度が仕組みとして機能しているからです。
詳細は別な機会にさせていただきますが、このような適法経営が
確立しているので、私がもっている組織に対するストレスが大幅
に軽減されます。
私が、経営者や管理職の姿勢を心配する必要などないからです。
問題があれば、個々に指摘することも可能です。

二つ目は、個人の意思を尊重した経営スタイルです。
簡単に書けば、部や課の事業計画の策定責任が、各管理職にあり、
個人の自由度が高い経営スタイルになっています。
当然、このような経営スタイルは、トップダウンで指示されるわ
けではありませんから、個人の能力があからさまにもなります。
その意味では、ストレスが増大する人もいたでしょうが、降格人
事と敗者復活もあるので組織に対するストレスではなく、仕事に
対するストレスになるかもわかりません。
仕事のストレスは、どのような企業でもあることではないでしょ
うか。
私は、仕事に対するストレスは弱くはないでしょう。

三番目は、このような自由度が高い経営スタイルは、企業内にお
ける個人間の仕事に対する姿勢を高め、さらに異なる部や課との
間の非公式なコミュニケーションによる政策立案能力が高まり、
チームとして一体感をもった仕事ができるようになります。

これだけではありませんが、ソニーにおける仕事で組織的ストレ
スがたまらず、むしろフロー現象の中で仕事ができたことが、今
日の私を作ってくれたと感謝しています。

このような仕事環境が沢山生まれることを願うばかりです。

関連記事一覧

PAGE TOP