遊び心と余裕

私は幼いころから遊びが好きな人間だったように思います。
もっとも、おもちゃで遊ぶことも好きですが、野山をかけまわる
ことが大好きな人間でした。
自慢ではありませんが、勉強では、常にクラス最下位を守ってき
ました。
その意味では、読み書きや算数などの基本ができていませんので、
今も悪戦苦闘しています。
なにごとも基本が大事だと、心から実感しています。

受験勉強をはじめたのは友人のおかげですが、勉強しようという
よりはゲーム感覚で問題を解いていました。
常に遊び感覚がないと、私は勉強もできません。

会社へ入っても同じです。
営業職をしていたときも遊び心がある先輩や同僚にめぐまれ、私
は幸運でした。
仕事自体よりは、仕事について語る先輩や同僚たちとの会話が大
きな学びになり、遊び心と余裕をもって仕事できたことが一番だ
ったでしょうか。
仕事ができる人は、やはり人間的な魅力があるものです。
このことは、不思議とどのような会社であっても人間次第です。

ソニーの子会社へ転職すると毎日が遊び心満載ですから、私の人
生そのものだったでしょう。
そうでなければ、あれほど夢中になって仕事ができるとは思えま
せん。

今も遊び心と余裕をもっていろいろなことをやっています。
わが家のわんちゃんも遊び心をたくさんもっています。
遊び心は、生き物の特権ではないでしょうか?

関連記事一覧

PAGE TOP