本人確認が多くなる社会

最近、いろいろなところで本人確認が求められます。
結論から言えば、私は、すべて本人確認に応じています。
自分自身がデジタル化された機能を積極的に利用させてもらってい
るので当然の義務だと、考えるからです。

これだけ世の中に不正行為がまん延してくれば、人々の生活を守る
意味からも必要でしょうか。
あまりこのような対策がとられない社会のほうがよいのです。
他方、社会的責任が大きい企業ほど不正などによる被害も大きくな
り、本人確認を積極的におこなっています。

便利なるということは、その反面、そこに不正行為などによる侵害
が生じます。
世の中の進歩自体がこの繰り返しです。

それでもデジタル化による利便性や生産性向上は間違いないところ
でしょう。
一方で人の顔が見えにくい社会は、信頼性が疑われる社会でもあり、
そこに本人確認の本質もありそうです。
このように書いている私にも、本人確認されたデータがなんらかの
理由で流失したり、あるいは、今までより情報が社会の中に流失す
るのではないか、という心配はあります。

現状でもあらゆる電話がかかってきますが、電話番号はどこから流
失しているのだろうか、と考えます。
迷惑メールも同様ですが。。。
夜中にぷっんと切れる固定電話にはまいります。
光電話ですが旧式タイプですから、この頃、寝る前に室内回線をモ
デムからはずして寝ています。

それでも私はデジタル化に期待しています。
自分のリスクと社会のリスクを秤にかければ、公益的なリスク回避
に重きをおいています。
それが自分自身の仕事にプラスになると信じているからです。

関連記事一覧

PAGE TOP