めんどくさいことは、はやめに!

私は、適格請求書発行事業者登録を申請していますので課税事業者
として個人事業をすることになります。
私は、元来、せっかちなタイプですからわずらわしいことほど、は
やめに取り組みます。

本来、インボイス制度は、2023年10月からですが、2023年度から
課税事業者として消費税を納付する予定です。
もっとも、2023年3月31日までに適格請求書発行事業者登録をすれ
ば課税事業者となり、消費税課税事業者選択届出書は必要ありませ
ん。
確定申告は事業年度でおこないますから、2023年は1月から12月が
が個人事業主の事業年度となります。

私の場合、めんどくさがり屋なので、経理処理は、経理ソフトに準
拠した処理をすることにしています。
これまで仕事をしてきたいくつかの企業では、社長自身が会計処理
を不適切におこなうため、適正な会計処理ができていないケースを
みてきました。
適当に数字をいじると、だいたい、わけがわからない会計状態にな
ります。
そして税務調査でご褒美を頂戴することになるものです。
また、経営状態は悪化していきました。

会計数字が適正に処理されていれば、経営の本質をつかむのも早く
なります。
だからこそ、大手企業の経理部門では、適正な会計処理をなるべく
はやくおこなう努力をしています。
そのことで、経営者は、次のアクションをすばやくとることができ
るようになるからです。

経営は経営数字だけではありますが、数字も経営における重要な判
断要素になることは間違いありません。

関連記事一覧

PAGE TOP