小さな企業ほどいろいろな展開ができる

私は小さな企業、従業数10名程度ですが、に在籍していました。
結論から言えば、小さな企業ほどいろいろなチャレンジができます。
理由は、仕事量の変動が大きく、暇な時間が多いからです。

だいたい、小さな企業では、下請け仕事が多く元受の事情によって
仕事がまわってきます。
在籍していた企業は、面倒で手間がかかり費用を抑えるような仕事
ばかりきていたでしょうか。

電気工事業でしたから仕事がなければ、工事担当は、さっさと帰宅
しているような状況です。
営業担当も既存の元受ばかりまわりますから、なかなか仕事がまわ
ってきません。
いわゆる競争力がない、ということです。

こういうときこそ、総力戦で新規開拓をするチャンスです。
私は管理の仕事でしたが、もともと営業あがりですから、みなを集
めて、まずは利益構造、いわば自分の給料がどこからくるか、とい
うことを職人さんへレクチャーし、暇なときはすべての人間で営業
をやります、と宣言しました。
もちろん、私も営業します。

反対する人間もいますが、私と組んだ職人さんが新規の工事を獲得
してきて、実際に仕事をすることで納得しました。
そのうえ、これまで現地調査費用をもらっていませんでしたが、新
規の取引ではこの費用も頂戴し、利益も十分確保できる取引額でし
た。

一方、はじめて仕事をみた私は、職人さんの手際のよさに感動しま
した。
技術力がある、これはいけると。。。
小さな企業ほど現場です。
当然ですが、新たな取引先から継続して仕事依頼がきました。

小さな企業は、やろうと思えばなんでもできます。
先導していく人がいれば、あとは、自律的に動きだします。
小さな成功体験を積み上げることが一番ではないでしょうか。

関連記事一覧

PAGE TOP