転職は実験場か?

私は転職回数が相当多いですから、転職エージェントなどから声が
かかることがないタイプです。
もっとも、そのようなことを気にして生きていくタイプでもありま
せん。
私の人生そのものが、実験場のようなものでしょうか。

その意味でも私の転職は実験場だったようです。
失敗が多い実験場でしたが。。。
それでも、面白かったの一言です。

まじかにみる経営は、生きた学びそのものです。
経営状況が悪くなる企業に共通するのは、唯我独尊でしょうか。
井の中の蛙大海を知らず、ということです。

人間の宿命みたいなものです。
経験した以上のことは、なかなか抜け出せないのです。
これは、私自身にも言えます。

抜け出す経営者は、人の話に耳を傾け、権限を委譲し、実行するこ
とができる人です。
簡単なことですが、このタイプなかなかいません。

数多くの実験場を歩き回りましたが、ソニーのようなシンプルな経
営スタイルを取ることはむずかしいようです。
ほんとんどの経営者が、自分の範疇で勝負しようとします。
だから、失敗するのですが。。。

それに比べると、はるかに社員のほうが優秀です。
ちょっとレクチャーすれば、能動的に行動することができます。
実験場の中は、結構有能な社員の集まりでした。
この事実だけでも貴重な経験です。

関連記事一覧

PAGE TOP