権限移譲すると時間がかかる?

権限移譲すると時間がかかるか。
結論から言えば、時間がかかる場合もあれば、かからない場合もあ
るというのが回答です。

権限移譲して管理会計を実施する場合、現場の課長級は大変です。
自分の仕事をおこないながら事業計画を策定することになるからで
す。
覚悟が必要です。
もっとも、ソニー子会社時代の課長級はみな楽しんで事業計画を作
っていました。
私も人生で一番働いたと思いますが、本当に楽しんでやったと思い
ます。

今書くとこうなりますが、実際やっている途中は、締め切りとの闘
いです。
権限移譲して事業計画を作ると、現場では、かなりの時間を割くこ
とになります。
また、課長級の負担は相当なものです。

他方、課長級が策定した事業計画が承認されれば、その後の動きは
すばやくなります。
当然ですが、実行者が策定した計画だからです。
毎月、課長会議で進捗報告することになりますが、これはこれで大
変です。
役員から文句言われるから?

自分の能力が、衆人の前に丸見えになるからです。
適当な答えではぐらかしても、現場責任者がやる会議ですから、簡
単にごまかせません。
厳しい質問が、役員からでなく、まわりの責任者(同僚)から飛ん
できます。

役員は、にやにやしながらだまって聞いているだけです。
たまに質問されますが、役員への回答でも能力はまるみえでしょう
か。
タフな会議です。

私の個人的な考えですが、重要な仕事とはある程度時間がかかるも
のです。
無駄な仕事はシステム化することや仕事そのものを廃棄する必要が
ありますが、事業計画や事業の進捗には、それなりの時間が必要で
す。
そのためにも管理会計をおこない、事業計画を現場サイドで策定し、
実行し、そして評価する体制が必要だと、確信しています。

関連記事一覧

PAGE TOP