まるで部活だった時代

私が人事や総務、経理といった管理部門の仕事をはじめたのは、ソ
ニー子会社時代です。
この会社は、ソニーの業務用機器のメンテナンスやシステム設計、
施工、管理などをおこなうために設立されました。

管理部門の仕事は、企業全体にかかわるものですから、現場の仕事
内容を理解する必要があります。
年齢は36歳でも新入社員にかわりはありません。
企業全体の仕事を知らなければ、管理部門の仕事はできません。
上司は、この会社の設立にかかわったメンバーの一人だったことは
幸運でした。
メンバー仲間に技術系の方がおり、上司と懇意でした。

私は、上司にくっいて仕事していましたから、いつの間にか、この
方と話ができるようになっていました。
ありがたいことに、この先輩は、この企業の技術系の仕事に精通し
ていましたから、毎日のように職場へ押しかけて技術系の仕事内容
の勉強をさせてもらっていました。

とうとうそれでも時間が足りず、その先輩の自宅、自宅といっても
単身赴任でしたから都内にあるアパートへ泊りがけで押しかけてい
ました。
この先輩も面倒見がよいので食事を作ってくれたりと、まるで学生
時代の部活でした。
当然、朝は先輩のアパートから出社です。
妻もあきれるくらいの合宿生活でした。

このように仕事を覚えるためには貪欲さが必要です。
また、私のようにしつこいタイプに、鷹揚につきあってくれる先輩
がいてはじめて新たな仕事に取り組むことができます。

転職のむずかしさは、どのように能力があっても、転職すれば別な
企業ですから仕事を一から覚えなければなりません。
私のように能力は低くとも、転職先に有能な上司や面倒見がよい先
輩いることで仕事の能力は開発されていきます。

その意味では、転職も運が必要でしょうか。
今もお付き合いがあるこの先輩の言葉、お前は頭悪いけど、頭が柔
らかい、と。。。

関連記事一覧

PAGE TOP