他人頼りの経営

この頃、メールをみていると他人を頼る営業が多く散見されます。
いわゆる、大手企業に在籍していた人たちなどに依頼する営業で
しょうか。

このように他力本願な営業活動で盤石な経営基盤を築くことはで
きないでしょう。
理由は、自分というものがないからです。
本来、経営は自分があってスタートするものです。
自分とは、商品価値やサービス価値、いわば独自性など企業のユ
ニークポイントです。

元在籍していた人に頼んだだけで大手企業との取引ができるほど
世の中は甘くありません。
本来、大手企業が必要なものであれば、独自に取引を開始できま
す。
大手企業は、自社に必要な要素は血眼になって探しているもので
す。

このような他力本願な企業は、紹介者へ支払う報酬が低いことか
らもしても、要領よく取引できないか、という下心がみえていま
す。
本当に商売を理解しているのかも疑わしいものです。
私は、このような依頼は一切受けません。
このような企業が成功することはほとんどないからです。

なにごとも自分で努力するからこそ、企業は成功というポジショ
ンを獲得する、と考えています。
勿論、多くの失敗が前提ですが。。。

 

関連記事一覧

PAGE TOP