私が仕事を干されたとき

私は素直に生きるタイプではありませんから、しばしば、上司な
どとぶつかります。
ある企業で親会社からきた上司とぶつかり、完全に干されました。
もっとも、私の態度が問題ですが。。。
素直に上司のいうことを聞きません。
あるときから仕事がまったくこなくなりました。

これには参りました。
ネットがない時代、一日中仕事もなく机の前に座っていることが、
どれほど身体にダメージを与えるかということが、よくわかりま
した。
精神がやむ一歩手前だったでしょうか。
他の社員に無視される程度はなんともないのですが、仕事を干さ
れることが、これほどとは想像できませんでした。

これは、ヤバイ、と気持ちを切り替えて毎日家を出ては、休みを
とりました。
たっぷり余っている有給休暇で。。。
家をでてどうしたか?
図書館へいったり、映画をみたり、パチンコもしたかなぁ。。。
取り合えず、職場放棄して自由になることでした。
これで精神はやまずにすみました。

そんなある日、妻から会社へいってるの、と詰問され!
今日、会社のなんとかさんから電話があったよ、と。。。
やばい、バレタ!!
明日は出社か。。。

翌日、会社へいくと、私の部の担当役員(専務)から呼び出され、
どうして休んでいるか、と尋ねられ、仕事干されているからです、
と返答。
そんなの知らなかったでしょう、と反論。
わかった、と一言。

数日たって、再度この専務に呼ばれて経理へ異動しろ、と。
転籍して間もない部長を親会社へ戻すことはできない。
お前が異動しろ、と。
これでも私を心配し配慮してくれた対応なのです。
ただし、この人も親会社と問題を起こしたくないタイプ。

退職するつもりで、取り敢えず経理へ異動しました。

その後、退職を前提に転職紹介会社を訪問しますが、この話は
またの機会に。。。
上司の部長のその後もまたの機会に。。。
こうご期待!

仕事を干されると精神をやられます。
家族がいる場合など、まわりの人たちも、本人のことを本当に
注意してほしいと思います!!!
私のような横柄なものでも精神をやられる一歩手前でしたから。。。

関連記事一覧

PAGE TOP