背骨がない人が増えてきたか

人間には、背骨がありますが、その背骨とは人間の生き方ともい
えます。
私も偉そうなことは言えませんが。。。
でも、ちょっと言ってみたくなる様子が散見される今日この頃で
しょうか。
辞書には、背骨とは(比喩的に)物事を成り立たせている考え方、
バックボーン、とあります。

私もたいしたバックボーンはありませんが、しいて言えば我儘な
ところを支えているなにかがバックボーンでしょうね。
なかなか治りませんから。。。

近頃は、税金で飯食っている人間にバークボーンがない人が多い
ようで気になります。
あえて言えば、お金がバックボーンでしょうか。
そんな人間が多くなったと思うのは、私だけでしょうか。

バックボーンがあれば、自分の言葉で語り、その後、自分の態度、
行動に現れるのではないでしょうか。
言葉さへ語れない人もいます。

このような呆れた社会になればなるほど人心は、国を動かす人や
会社を動かす人たちから離れていくでしょう。
すでに離れているのかもわかりません。

私のようになかば開き直って生きているタイプは、あまり気にな
りませんが、まじめに生きている人ほど思い詰めていくのではな
いでしょうか。

まず、語れ。
そして態度、行動ですが。。。
そうい自分もなにかあったときに、そのような態度、行動がとれ
るようにドキュメントで自分をけん制しています。
そうでもしておかないと人間は弱いものです。
私もすぐに言い訳し、逃避しますので。。。

関連記事一覧

PAGE TOP