経営者の資質

私が経営者の資質など語れませんので、本日は、稲盛さんの言葉
をお借りします。

週刊現代
【抜粋】
今の日本企業は才覚のある人をリーダーとして重用します。私は
リーダーを選ぶとき、能力ではなく人間性や人格で選びます。能
力に多少の問題があっても人格のある人は努力をして成長する。
そういう人をリーダーに選んでこなかったことが、問題を引き起
こしているのではないか。

経営者は「儲けたい」「会社を大きくしたい」という我欲を起点
にしがちです。しかし、本来は「人間として何が正しいか」を起
点に置くべきです。自分の会社に都合がいいことばかりを選ぶの
ではなく、たとえ会社に不利であっても人間として正しい道を選
ぶ。

会社に聖人や君子がいれば、その人をリーダーにすればいい。し
かし、なかなかそんな立派な人は見つかりません。そこで多くの
会社では小人をリーダーにしてしまう。これが危ないのです。才
があっても人間性のない人は己の栄達のために会社を危うい方向
に持って行く恐れがある。長い目で見れば、小人よりは愚人のほ
うが成長します。
以上、稲盛さんの言葉

昔は、京セラも狂セラといわれていたようですが、人間は変わっ
ていくことができます。
どのような企業でも狂人的な人はいるようです。
私はあまり経験がありませんが、企業の成長とともに、経営者が
どのように変化するかが重要なポイントなのでしょう。

京セラは、稲盛さん亡き後も好業績を出していくようです。。。
お見事。

関連記事一覧

PAGE TOP