今回だけということはない

結論から言えば、ENEOS元会長の不祥事は、今回だけではな
かったはずです。
このタイプの人間は、少なからず常習です。
まわりの人達からなんらかのうわさがたっていたと思います。
私もこの手の人間を少しみてきましたが、だいたい常習のようで
す。

企業活動は人間活動の歴史です。
このようなタイプの人間が出世するということは、企業体質(人
間体質)に問題があるのではないでしょうか。
これまで明るみにでなかっただけでしょう。

役職というのは、仕事の遂行のために一時的に預かっているもで
す。
その役職の責任の重さに対して報酬や賃金が決定されています。
とくに日本企業では、ダブルスタンダードになっていることは、
しばしばあります。
コンプライアンスと言いながら、自分は権力を利用して恥ずべき
ことをしているなど、ダブルスタンダードの最たるものです。

プライム上場企業のトップからしてこれでは、わが国が衰退して
いく姿をリアルタイムでみているようなものでしょうか。
まぁ、これも香川照之現象の一環とすれば、わが国の高学歴社会
にはかなり問題があると、考えていたほうがよいでしょう。
極端な会社中心主義に問題がありそうです。

品行方正とは言えない自分自身をみつめながら、戒めのために書
いているようなものですが。。。

関連記事一覧

PAGE TOP