価格を下げてまでやることはない

個人事業主が自分で仕事をする場合、はっきり言えば自分の手に
職をもっている場合ですが、価格を下げてまでやる必要はありま
せん。
理由は、低価格でやる人たち(法人)は限りなくいるからです。

個人事業主をめざす場合、先ず今の生活を維持できているだけの
収入が前提です。
いきなり個人事業で生活を維持するなど無謀というほかありませ
ん。

最初に、マーケティングして個人事業をはじめる前に自分がおこ
なうビジネスの価格設定を考えておきます。
当然、高い価格設定では顧客の獲得は少ない、あるいは獲得でき
ないことになります。

やはり副業あたりから仕事をはじめてみるのがベストです。
低価格でビジネスを請け負うリスクを避けながら、顧客開拓がで
きるからです。
その分長期戦になりますが、自分が考える方向を的確に打ち出せ
ます。

運送業などは、現在、低価格帯の代表格ですが、先をみればドラ
イバーの枯渇から配送料金が引き上げられる可能性があります。
この点は、ラスト一マイルの中にどれほどの人たちが個人として
参入してくるかで料金体系が変わるかもわかりません。

国は、個人の配送業参入のための法規制をゆるめていくことが考
えられるため配送委託料が上昇するかは未知数です。

いずれにしても個人事業をおこなって、こんなはずではなかった
ということにならないように、個人においては、自分の生計維持
のための収入を確保しながらめ個人事業を進めていく対策を立て
ておくことが大切です。

個人事業の自転車操業にならないように。。。

関連記事一覧

PAGE TOP