犬が幸せをつれてくる

わが家では、1997年から2匹のミニチュア・ダックスフントを
飼ってきました。
現在いるマギーは、2代目ですが、10月で6年目にはいります。

犬との生活は、朝起きて寝るまで続きます。
私たち夫婦の朝は、起きてマギーの寝床をのぞくことからはじ
まります。
今のように寒くなれば、毛布に潜り込んでなかなかでてきませ
ん。
暑くなれば、へそ天で寝ていることもあり、犬の寝床の様子を
考えるだけで、毎日わくわくしてきます。
その様子をみることで朝から笑いがたえない毎日がスタートと
します。

ご飯の時間になれば、しっかりと目を合わせて要求してくるし、
おかわりまで求めます。
くいしん坊のマギーにとって食事は至福の時なのでしょう。
トイレにいきたいときも、こちらの目をしっかりとみて、私た
ちの声(おしっこ?)を待っています。
ほとんどゲージの中ですることがなく、必ず私たちにボディー
ランゲージしてきます。

遊ぶときはおもちゃをもってくるし、まるで小さな子供を育て
ているようなものでしょうか。
もちろん、いたずらも大好きですが。。。
私たち夫婦の会話がはずむのは、間違いなくマギーのおかげで
す。
私たちは犬を育てているようですが、実は、犬から大きな幸せ
をもらっているようです。
私たち夫婦は「和顔愛語」でいられます。
毎日、穏やかな顔でいて、やさしい言葉で話ができるのは、マ
ギーという犬がいてくれるからでしょう。

小さな犬ですが、その存在はとても大きく、私たち夫婦の人生
を豊かにしてくれているのかもわかりません。

関連記事一覧

PAGE TOP