意思決定のはやさ

多くはありませんが、私が経験した企業のなかで意思決定のは
やさ(適法性を踏まえた)はソニー子会社が一番です。
とにかくはやい。
理由は、いろいろな案件は実際のところやってみなくてはわか
らないからです。
やることファースト!

私を含めて企画を提案する社員ほど失敗はつきものです。
成功も失敗も案件数に比例するからです。
だから、ビジネス感覚が磨かれるのかもわかりません。
要は、やることが大事だ、と経営者は考えていたようです。
毎回、はやくやれと、こちらが経営者からせかされるくらいで
す。

それに比べると、日本の中小企業のスピードは驚くほど遅いと
いえるのではないでしょうか。
大手企業でも遅い、やらない、先送りはありましたが。。。
中小企業では、資金が潤沢になく、やろうものにも金がない、
といった制約もあるでしょう。
資金のためにやるべき案件を選択する必要があります。
資金がある企業では、経営者の独断で多くのことをやるため失
敗が続きます。

結果から言えば、小さな企業ほど資金繰りは経営者、案件は現
場です。
よいアイデアは、現場がもっていることが多く、経営者は資金
繰りだけに注力することでしょうか。

私がみてきた感想ですが。。。

PAGE TOP