本は沢山読んだが?

私は数多くの書籍を読んできましたが、それが自分にどのように
生きているのかはほとんどわかりません。
仕事をしながら疑問に思ったことや感じたことを確認するように
読んでいたように思います。
おそらくですが、無数の書籍から自分の軸になる考え方や行動の
原理原則ができあがっていったようです。

今でも読み続けている本は3冊です。
それ以外の本は読んだだけで終わってしまいました。
それでもその本から自分の中へ入ってきた多くの言葉が、私を
成り立たせているように感じています。

本との付き合いは、仕事や人間関係で悩んでいるときが一番でし
ょうか。
真剣勝負で読むことができるからです。
だからこそ、自らの血肉になるのだと思います。

目の前の書棚には多くの本がありますが、やはり戦友のようなも
ので捨てるには忍びない、といったところです。
この頃は、真剣勝負する機会も少なくなり、本を読むことが少な
くなりました。
時間があれば読み返す3冊の本は、私を根底から支えてくれてい
る岩盤のような存在です。

人それぞれ自分が必要だと思ったときに、よき本との出会いがあ
れば、案外、人生を豊かにしてくれるのかもわかりません。

関連記事一覧

PAGE TOP