日本人は協力しない?

一昨日、テレビ番組の中で、仕事における協力について各国比較
がされていましたが、日本人は協力しないというような結果でし
た。
詳しくみていたわけではありませんが、私には驚きがありました。
どちらかと言えば、日本人は協力しながら仕事をしてきたように
思っていたからです。

確かに、私の極めて狭い範囲の経験だけですが、大手企業より、中
小企業のほうが協力関係がもてないところが多かったような気がし
ます。
常に、なにかの目を気にして仕事しているような?
経営者、管理職、同僚など。。。
また、徒党を組むなど協力よりは、自分をいかに守るか、といった
ことに注力していたように感じます。
当然、このような体質の企業は、私のようなタイプをはじき出しま
す。

そう言えば、ある企業では社員が個人事業主のようでしたが、私が
利益がどこからくるのか、ということと、いっしょになって新規開
拓をしたことから、全員で営業をかけ、みなで協力しながら仕事を
やることがいかに大切か体得してもらいました。
このような実践からしか、協力関係も納得も生まれないかもわかり
ません。

大手企業でも非協力的なことは、少なからずありますが、どちらか
といえば協力的に仕事を進めていこうとする人が、私のまわりでは
多かったです。
大手企業は、いろいろな意味で余裕があるからかもわかりませんが、
ギスギスした体質が少ないように思えます。

それにしても私がイメージした結果と違う印象なので驚きましたが、
現在の社会情勢や経済状況は、こんなところにも遠因があるのかも
わかりません。

私は比較的めぐまれた環境で仕事をしてこれたようです。
世の中をつぶさにみると、私が知らいない世界のほうが圧倒的に多
いということでしょう。

私のように協力的に仕事を進めていくことを前提にマネジメントを
考えているタイプは、人間の協力関係について、これからも学ぶべ
きことが沢山ありそうです。
人生や仕事は、課題の連続。。。

PAGE TOP