企業運営に不変なものはない

随分前からジョブ型人事制度という言葉はありましたが、最近、
また目にするようになったような気がします。
日本の人事制度は、欧米から数年、数十年?遅れて導入されるケ
ースが多いのですが、だいたいコンサルなどの影響を受けながら
制度変更がおこなわれていくようです。

日本らしくひとつの企業が導入すると右に倣え方式でしょうか。
有名企業をターゲットにすれば、日本企業ではどのような制度も、
比較的導入が進みます。

日本型、欧米型という前に企業における制度は、企業自身の課題
に基づいて構築されていくものです。
むしろ、いろいろな制度があるほうが健全ではないでしょうか。
小さな企業と大企業では、その運営方法はまったく違います。
大企業でもかなりの差があるでしょう。

私は欧米型、日本型というようなカテゴリーわけする必要がなく、
企業のおかれた状況に応じて柔軟に制度を作り変えればよい、と
考えています。
その意味では、ソニーは日本型と欧米型を柔軟に取り入れていた
と思われます。
もっとも、企業に在籍する経営者や社員が意識していたかどうか
は別ですが。。。
私が子会社へ在籍していた時代、1990年代は、ソニー本社の人た
ちと気さくに話ができる環境があり、大企業らしくない姿でした。

おそらく東京通信工業時代における井深さんや盛田さんのマネジ
メントが、そのような独自性ある環境を創出した、と考えていま
す。
このような経営環境をつくることは、意識していない分むずかし
いものになるでしょう。
理由は、人間の本質にかかわる部分になるからです。

このような経験は、私にとって貴重なものとなりました。

関連記事一覧

PAGE TOP