経営

創業経営者に足りないもう一歩

しばしば中小企業においても仕組化が話題になりますが、仕組みだ
けではうまくいきません。いわゆる「仏作って魂入れず」になるか
らです。大企業の場合、必然的に仕組化されており比較的うまくい
っているのではないでしょうか。仕組化(ユニット化)されている
ことは、世の中の動きに対応するかたちで仕組み(組織)や機能を
変えることが前提になっています。

中小企業には、仕組化された組織もありますが、だいたい梁山泊
の組織でしょうか。相当な野心家か、仕方なく働いている人たちか、
にわかれているようにみえます。中小企業は、そこに未来を面白く
する要素があるのですが。。。

中小企業の組織には、大企業のような組織化は必要ありません。む
しろ創業経営者のキャラクターは大事です。自由で活発な意見や行
動を許容する度量と、組織や人を束ねる人間的な力量が、創業経営
者には求められます。

創業経営者を中心に、社員に経営を学ばせながらゆるやかな管理体
制を構築し、破壊型の突破力(人間力)もつ経営がおこなえるのは、
あくまで中小企業しかありません。梁山泊型で破壊型の突破力だけ
の企業はみかけるのですが、社員に経営を学ばせながら社員の成長
をベース成長していく中小企業は非常に少ないものです。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人
は動かじ」と。山本五十六の言葉ですが、中小企業の人材育成の要
となる言葉かもわかりません。私は、その意味を、話し合いをおこ
ない、社員の言葉に耳を傾て承認してあげ、仕事を任せてやらなけ
れば人は育たない。仕事に挑戦しながらやっている姿を応援し、見
守りながら、信頼してあげてこそ人は育つ、と理解しています。

だからこそ、創業経営者には経営のダイナミズムがあるのではない
でしょうか。大企業との決定的な違いでしょうか。

news all

share this one